多重債務状態の人がお金を借りる時の審査内容とは?

シェアする

多重債務者がお金を借りる時の消費者金融の審査内容とは?

初めてのカードローンで消費者金融にお金を借りるなら低額融資という記事で初めてカードローンを利用する時の注意点を紹介していますが、誰でも初めてカードローンを利用する時に色々調べて緊張して消費者金融に申し込んだと思います。それが2回目・3回目となると消費者金融の使い方に慣れてお金を借りることに抵抗感がなくなってくると思います。ここでは、多重債務状態に陥った方が新たにお金を借りる時の審査内容を紹介します。

多重債務状態は危険

多重債務状態は危険
前提として多重債務状態は、一般的に複数他社(知人や家族も含む)からお金を借りている状態を指します。給料日前など一時的にお金を借りて短期的な多重債務状態の場合は気にしなくても問題ありませんが、3ヶ月以上に渡り複数社の消費者金融からお金を借りている場合は危険な状態と言えます。多重債務状態に陥っている場合は、おまとめローンなどを有効活用して金利の低減と返済の手間を一本化することをおすすめします。

多重債務状態の審査内容とは

多重債務状態にある方がさらに新たな消費者金融からお金を借りようとしている場合の審査内容は基本的に初めてお金を借りる人と変わりがありません。あくまで個人の信用情報や継続的な収入に基づいて融資の審査を行います。ただし、注意点があります。複数社からお金を借りている場合は、えてして借り入れ額が大きくなりがちですよね。オリックス銀行カードローンの審査で気を付けるべき3つのことという記事でも紹介していますが、消費者金融は合計借り入れ額が50万円以上の場合収入証明書の提出がマストとなります。また、年収が350万円程度だと複数社からお金を借りている場合は返済に難が生じやすい傾向にあるので、融資を受けることができる可能性が低いです。(多重債務状態であっても融資審査は変わりませんが、貸し付けに慎重になります。)

記事始めの目次に戻る

まとめ

多重債務状態の人がお金を借りる時の基本的な審査内容は、通常時と変わりません。ただし、複数社からお金を借りている場合は審査に通過するのが難しいと言えます。いくつかのカードローンに申し込んでみてはいかがでしょうか。自分に合ったカードローンを利用しましょう!