カードローンプロミスの審査に通過するための簡単な方法

シェアする

カードローンプロミスの審査に通過するための簡単な方法

スマホから申し込み・審査・契約・借り入れ・返済まで完結することも対応可能なカードローンといえば「プロミス」が有名です。ここでは、プロミスの審査に通過するための簡単な方法を紹介します。

プロミスとは

プロミスはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が提供するカードローンブランドです。銀行傘下で運営しているため銀行が母体となり貸金業を行なっていますが、融資に関しては消費者金融として行なっており貸金業法に基づいてお金の貸し出しを行なっています。貸金業法に基づいて融資を行うため、総量規制の対象となります。年収の3分の1以上の借り入れができなくなります。プロミスは少額融資に向いているカードローンと言えます。

顧客視点No.1カードローンならプロミスがおすすめです。今すぐその理由をチェック!急いでいる人のために最初にプロミスがおすすめな理由を要約でまとめていますよ。

プロミスの審査に通過するためのポイント

  • 借り入れ額を高額にしすぎない。(1社の借り入れ額を50万円以下にするとベスト)
  • 20歳から69歳の安定した収入を持っていることが前提。フリーランスや自営業者より会社員の方が給料の安定性が高いので審査に有利になります。
  • 本人確認書類を準備する(免許証、公共料金の領収書、パスポートなど)
  • 申込情報に嘘を記入しない

プロミスの審査に通過するためには、上記のことを守る必要があります。フリーランスや自営業者、社長は給料の安定性が低いので会社員と比較すると審査に通過しづらくなります。自営業者などは、事業性ローンがおすすめと言えます。

高額借り入れをしない

高額借り入れをしない
プロミスカードローンで50万円を超える借り入れをしようとすると、原則収入証明書の提出が必要となります。収入証明書は、源泉徴収票、確定申告書などの収入を証明する公的な書類となります。高額借り入れをすると収入証明書が必要ということは、高額のお金を借りようとするとより審査が厳格になると言えます。不必要に高額借り入れで申し込むといたずらに審査を難しくすることにつながります。プロミスの審査に通過するには50万円以下の少額借り入れがおすすめです。

複数社から借り入れている場合は、100万円を超える借り入れで収入証明書が必要となります。(例:既に2社で70万円借りていて新たにプロミスで30万円以上借り入れる場合など)※他社サービスを利用している方でも審査可能ですが、借入状況によって利用できないケースもあります。

プロミス公式サイトを見る

安定した収入が重要

安定した収入が重要
何よりも返済が見込めるぐらいの安定した収入が重要です。短期的な高額収入はあまり重視されません。継続的に安定した金額の収入が毎月あることが重要と言えます。年収の3分の1以上の借り入れはできないので、年収300万とすると100万以上の借り入れができなくなります。借入総額も要チェックです!

本人確認書類とスマホだけでOK

本人確認書類とスマホだけでお金を借りることができます。逆に本人確認書類を準備できないとそもそもカードローンの審査を受けることもできないと言えます。免許証とスマホだけでお金を借りることができる点がカードローンのもっとも大きな特徴と言えます。

記事始めの目次に戻る

プロミスの特徴

プロミスは初めての借り入れだったら30日間無利息でお金を借りることができます。さらに返済方法を口座振替にすれば郵送物不要・カードレスのWEB完結で対応することも可能です。平日の14時までに申し込んで契約が完了すれば即日融資が可能な点も嬉しいですよね。
※30日間無利息サービスはメールアドレスの登録とWeb明細利用が必須です。

実質年率 4.5%〜17.8%
最大借入可能額 500万円
保証人の有無 保証人および担保は不要
収入証明の有無 プロミスで50万円以下の借入、他社を含めた借入総額が100万円を超えない限り所得証明は不要。
収入証明確認書類 源泉徴収票 or 確定申告書、給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
利用可能なコンビニ セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート

まとめ

いかがだったでしょうか。プロミスの審査に通過するためのもっとも簡単な方法を紹介しました。少額融資で安定した収入を持つ会社員でしたら高い確率でプロミスの審査に通過することができます。ここで紹介した情報を参考にプロミスに申し込んでみてくださいね。