WEB完結カードローンモビットの特徴と手続きの流れ

シェアする

閃き

TVCMでおなじみで会員数約35万人を誇り多くの人が利用しているカードローン「モビット」。WEB上で申し込み後、審査結果~振込手続きまですべての手続きがWEB上で完結するのですぐに借りたい人におすすめです。ここでは、モビットを初めて利用する方にモビットの特徴と手続きの流れについて分かりやすく具体的にご紹介します。

モビットとは

モビットは三井住友銀行グループの株式会社モビットが提供するキャッシングおよびカードローンサービスの名称です。特徴として申込から振込手続きまですべてWEB上で完結することができ電話や郵送の面倒なやり取りが不要で家族にバレることなく借りることができます。また、三井住友銀行グループが運営母体となっているので安心して借りることができます。

急いでいる人はここだけ理解してカードローンの申込!

  • 満年齢20才~69才の安定した収入のある方だったら融資可能。(アルバイト、パート、自営業の方も利用可能です。)
  • 最短30分審査で融資の可否が分かり14時50分までに審査を通過すれば即日融資が可能となっています。
  • カードローン申し込み後、フリーダイヤルに電話をしその場で審査結果と会員登録を行います。その後都合に合わせて金融機関口座への振込もしくはモビットカードでの出金を選ぶことができます。(モビットカードで出金する場合、ローン申込機からカードを発行後に提携ATMよりお金を引き出せます。)

モビットなら提携ATMが全国に約100,000台ありパソコン・スマートフォン・携帯電話からいつでもどこでもキャッシングが可能です。(2015年6月現在のATM台数となります。)

モビットの特徴

モビットの一番の特徴は何と言っても面倒な手続きが不要でWEB完結することです。来店不要でバレずにスマホキャッシングできるカードローンでもご紹介している通り、モビットは誰にも知られずに借りることができるので親に心配かけたくない学生や妻に気付かれたくないという男性などにも安心して利用することができます。また、ほかのカードローンと比べて金利が低く借入可能額が高いのも特徴です。

金利 3.0%~18.0%
借入可能額 1万円~800万円
本人確認書類 運転免許証コピー、パスポートコピーなどを提出
保証人の有無 保証人および担保は不要
利用可能なコンビニ セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、スリーエフ、コミュニティストア、デイリーヤマザキなど

モビット公式サイトを見る

記事始めの目次に戻る

モビットの借入手続きには2パターンある

モビットは「カードが発行される申込」と「カード要らずのWEB完結申込」の2パターンから選べます。すぐに借りたいという方には「WEB申込」がおすすめです。

カードが発行される申込

最小限の必要項目を入力するだけで申し込みが可能でパソコンが苦手という方は電話で申し込むこともできます。またネットから手続きをすると指定の金融機関口座に振込もしくはモビットカードで提携ATMからキャッシングが可能になっています。そんなカードローン申込の手続きの流れは、

  • 最小限の項目を入力すると、融資可能額が分かり最後にユーザーIDが発行されます。
  • 審査では確認のためモビットのオペレーターから電話があります。
  • メールもしくは電話で審査結果の連絡が来ます。
  • モビットカードおよび入会申込書などが送られてきます。(カードはローン申込機で受け取ることも可能)
  • カードを受け取り入会申込書などを返送すると申込完了です。

電話、スマホやパソコンを利用したネットからの申し込みだけでなく、郵送やローン申込機でも手続きができます。ローン申込機ならその場でカードが発行されるので便利です。

カード要らずのWEB完結申込

申込から利用までメールのやり取りのみで面倒な電話や郵送がないので楽に利用できます。またWEB上だけでの手続きなのでご利用までの時間が短くスピーディーです。三井住友銀行もしくは東京三菱UFJ銀行の預金口座をお持ちの方は、銀行口座への振込が可能でその後、キャッシュカードで引き出すことができます。そんなWEB完結申込の手続きの流れは下記の通りです。

  • 必要事項を記入すると最後にユーザーIDが発行されます。
  • メールのみで審査結果の連絡が来ます。
  • WEB上で入会手続きを行います。
  • 入会完了メールが届いたら利用できます。

モビット公式サイトを見る

まとめ

いかがでしたでしょうか。申込手続きがWEB完結できる三井住友銀行グループ 「モビット」の特徴と手続きの流れについてご紹介しました。カードローンを利用する際は、カードローンで即日キャッシングする前に考えるべき3つのことという記事を参考にしっかりと計画を立ててお金を借りましょう。