借りる前に知っておこう!カードローンの返済期間を短くする方法

シェアする

借りる前に知っておこう!カードローンの返済期間を短くする方法

無担保・保証人不要でお金を借りられるカードローンは個人向けの少額融資です。初めてカードローンを申し込むのに必要な書類ってなに?の記事でご紹介した通り、ほとんどのカードローンは借入金額が少なければ必要な書類は運転免許証などの本人確認書類のみ、店頭に行かなくてもWEBからの申込みで借りられるとても便利なサービスです。初めて借りようと考えている方も当サイトの初心者向けの記事を参考にカードローンについて勉強していきましょう。今回はカードローン初心者がカードローンを借りる前にすっておいたほうがいい”返済期間を短くする方法”についてご紹介します。
カードローンの借り入れ方法についてご紹介しています。申し込みをする前に確認しましょう!

カードローンでスグにお金を引き出せるようになったものの、お金の引き出す方法が分からなくて困っていては即日融資を受けても引き出せなかったら意味がありません。そこで、お金を借りるときの借り入れ方法ついて一緒に勉強していきましょう。

返済方法は2パターンある

返済方法は2パターンある
たいていのカードローンでは返済方法には2つのパターンがあります。

約定返済

約定返済とは、毎月の返済を決まった日に決められた金額返済する方法です。必ず払わなければならない金額で利用者側から返済額を指定することはできません。毎月の返済額については借入残高に応じて決めたり、元金と利息を合わせた金額を返済回数で割って決めたりと各カードローンによって様々です。

随時返済

随時返済とは毎月決まった返済はなく、返済者が自己申告して約定返済とは別に繰り上げて返済する方法です。ボーナスが出る月や臨時で収入が入ったなど普段よりもお金に余裕があり、もっと返済したい時にお金を返すことができます。
カードローンの返済方法についてまとめています。

カードローンの一般的な返済方法をまとめて一覧で紹介しています。今すぐチェック!

2つの返済方法を駆使して返済期間を短くしよう

2つの返済方法を駆使して返済期間を短くしよう
約定返済と臨時返済を組み合わせて利用すると返済期間を短くすることができます。オリックス銀行カードローンで30万円借りた場合、毎月7,000円の返済で確かに毎月の負担は減り返済計画が立てやすくなりますが、その分返済期間が長くなります。知らないと損!カードローンの賢い借り入れの方法と返済の方法の記事でもご紹介した通り、返済期間が長ければ長いほど利息の負担が大きくなり30万円を2年間借りるとすると10万円以上も利息を支払わなければならなくなります。お金に余裕がある時や早く返済したいという方は臨時返済も合わせて返済するようにしましょう。返済期間が短くなり、その分の利息分を節約することができるので返済の負担を減らすことができます。
自分の返済能力を超えた金額を借りるのはダメです。この記事を読んで注意しましょう!

カードローンで返済能力を超えたお金の借り入れはNGです。今すぐチェックしましょう!

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は初めての方なら借りる前に知っておくといい、返済期間を短くする方法についてご紹介しました。カードローンは使用用途が限定されない無担保で利用できる少額融資です。様々なシーンで発生するお金の困ったをカードローンで解決しましょう!