初心者が20万円をカードローンで確実に借りるために大切なこと

シェアする

初心者が20万円をカードローンで確実に借りるために大切なこと

初めてカードローンを利用する人は知らないケースが多いですが、借入希望金額によって利用すべきカードローンは変わってきます。5万円をカードローンで借りる時のベストプラクティスという記事で紹介していますが、5万円をカードローンで借りる場合、銀行カードローンを利用できるケースはとても低いです。なぜなら、銀行カードローンは10万円以上の借入を最低金額と設定しているケースが多いからです。そのため、もっとも効率的に5万円を借りるのに様々なカードローンサービスを比較するタイミングになった場合、消費者金融が提供する少額借入が可能なカードローンを選定するのがおすすめと言えます。
こちらの比較記事でおすすめの消費者金融カードローンに申し込みましょう。

キャッシュカード一体型で借りられるカードローンはかなり便利でおすすめです。ぜひ参考にして気に入ったカードローンに申し込みましょう!

20万円だったら年間の利息は3万円を超える

20万円を金利17.8%の消費者金融で借りた場合の年間の利息は3万円台後半となります。長期的な借入をするなら低金利の銀行カードローンがおすすめです。14%程度の金利で融資を行う銀行でお金を借りれば、8,000円程度の利息を下げることができます。しかし、短期的な利用用途でカードローンを活用するなら消費者金融カードローンでも問題ありません。

カードローンを比較する上で大切なことは、借入期間と借入額です。ここを理解することが重要です。

確実に借りるには返済可能と審査で判断されるのが大切

確実に借りるには返済可能と審査で判断されるのが大切
確実にお金を借りるには、カードローン会社が提携している保証会社の審査で返済が可能と判断されることです。審査で重視されることは、会社員で安定した会社に所属していることがもっとも大切です。お金を貸しても収入経路がない無職の人だったら、返済が難しいと判断されます。大手上場企業に勤務している会社員だったら高い確率でお金を借りることができます。

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。初心者が20万円をカードローンで確実に借りるために大切なことを紹介しました。基本的な流れや条件などは、10万円を手っ取り早くカードローンで借りる時に大切なことという記事で紹介した10万円の借入と大差ありません。初めてのカードローンで不安なことはたくさんありますが、安定した収入があり長期間の勤続実績があれば心配不要です。唯一考慮しておくべきことが、会社への在籍確認です。カードローン会社の名前を名乗って職場に電話をかけてくることは絶対にありません。また、本人がいない時間帯でも本人が在籍していることが確認できればそのまま本人確認の手続に入ることができます。カードローンの申し込みの流れをこちらの記事で紹介しています。合わせてチェックしましょう!

カードローン審査の基本的な流れを具体的に理解できるような情報です。今すぐチェック!