知らないと損!カードローンの賢い借り入れの方法と返済の方法

シェアする

知らないと損!カードローンの賢い借り入れの方法と返済の方法

カードローンといえば、使用用途が自由で少額から借りられる個人向けの無担保融資です。急な出費でお金に困ったときや欲しいものを買いたいけどお金が足りないとき、子どもの養育費が欲しいなど、様々なシーンでカードローンを活用することができます。カードローンは多くの方に利用されていますが、初めて利用する方はどう借りるのがベストなのか、どう返済すれば負担なく返済することができるのかわからないですよね。そこで今回は、知らないともったいない、カードローンの賢い借り入れの仕方と返済の仕方についてご紹介します。
こちらの記事もおすすめです!

10万円を借りるだけで人生を楽しくすることができます。今すぐその理由をチェック!

カードローンの賢い借り入れ方法

カードローンの賢い借り入れの仕方

低金利のカードローンを選ぶ

カードローンを比較するなら金利の低さを軸に選ぶとベスト!という記事でもご紹介している通り、カードローンを選ぶときは金利をまず確認しましょう。カードローンではそれぞれのカードローンによって金利が異なりますが、銀行カードローンが比較的低金利で提供されています。プロミスなら4.5%から17.8%、イオン銀行カードローンなら3.8%から13.8%です。

例えば30万円を18%の金利で借りた場合、下記の計算となります。
300,000円 × 0.18(金利18%) ÷ 365(日)×30(日)= 4,438円となり、4,438円が1ヶ月あたりの金利です。

毎月4,438円分の利息が加わっており、24回払いで返済するとなると2年後には利息分が108,000円に膨れ上がります。そのため、金利が低いカードローンをできるだけ選ぶようにしましょう。
利息を低く抑えるたったひとつの方法についてご紹介しています。こちらの記事も要チェック!

初めてカードローンを利用する人のために借り入れ利息をもっとも低く抑えるたったひとつの方法を紹介しています。

無利息借り入れを活用する

カードローンの中では、無利息でお金を貸してくれるところがあります。プロミスやアコムの場合、30日間利息がタダになるサービスを提供しています。上記の例でいくと、4,438円の利息分が0円になり30日以内に返済すれば元金のみの支払いですみます。ただし、無利息サービスはほとんど”初めて利用する方”が条件となっており、すでに利用したことのある方は使うことはできませんので注意しましょう。

カードローンの賢い返済の方法

カードローンの賢い返済の方法
カードローンの返済は主に元金均等返済、元利均等返済、残高スライドリボルビング方式の3パターンのいずれかになっています。いずれにしてもこれらの返済は時間がかかりその分利息が高額になっていきます。そのため、できるだけ早く返済して金利の負担を少ないうするようにしましょう。例えば上記の例でいくと、30万円を30日間18%の金利で借りたとき1ヶ月で返済すると利息分は4,438円のみで済みます。つまり、24回に分割して支払うよりも遥かに利息を抑えることができます。カードローンはほとんどの会社は、通常の返済とは別で臨時返済できるのでまとめて返済することもできます。できるだけ早い返済を心がけましょう!

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は知らないともったいない、カードローンの賢い借り入れの仕方と返済の仕方についてご紹介しました。カードローンは無担保で利用できる少額融資です。様々なシーンで発生するお金の困ったをカードローンで解決しましょう!