もっともやさしい!消費者金融と銀行のメリットデメリットとは

シェアする

※本サイトは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社、アイフル、プロミス、モビットから委託を受け広告収益を得て運営しております
もっともやさしい!消費者金融と銀行のメリットデメリットとは

初めてカードローンを使う人は消費者金融と銀行のメリット・デメリットをしっかり理解してからお金を借りることをおすすめします。公務員がお金を借りるなら銀行と消費者金融のどっちが良い?という記事でも紹介していますが、銀行と消費者金融、それぞれに良い点とイマイチな点があります。ご自身のライフスタイルやライフステージに合わせて望ましいカードローンを利用するようにしましょう♪

※本サイトはアフィリエイトプログラムを利用し、アコム社、アイフル、プロミス、モビットから委託を受け広告収益を得て運営しております

銀行のメリットデメリット

銀行のメリットデメリット
銀行のメリットとして挙げられるのが借り入れ額に対しての利息が少なく済むことです。銀行の金利は消費者金融と比較すると3%〜6%程度低くなります。10万円借りたら、3千円から6千円程度利息が少なくなります。(※分かりやすいように単純計算しています。)利息が少なくなることで他のことにお金を使うことができますね。やはり利息が少ない方がお金を有効活用できる点が銀行の大きなメリットと言えます。また、銀行カードローンは総量規制の対象外なので年収に関係なく借り入れ上限が設定されていません。
デメリットとして挙げられるのは、消費者金融ほどスピーディーな審査ができない点が大きいです。多くの銀行は保証会社の審査に時間がかかるため、今すぐお金を借りたいといったニーズを満たすことができません。

消費者金融のメリットデメリット

消費者金融のメリットデメリット
消費者金融の大きなメリットは今すぐお金を借りたいというニーズを満たすことができる点です。プロミスカードアコムカードは審査がスピーディーで10万円以下の借り入れで他社からの借り入れがなければ1時間以内に審査を終えて契約してお金を借りることができます。初めての借り入れだったら無利息キャッシングも備わっているのでおすすめと言えます。(無利息期間を上手に利用してお金を借りれば、利息を少なくすることができます。)
消費者金融のデメリットは、総量規制の対象という点が挙げられます。年収の3分の1以上を借りることができません。また、長期間の借り入れに向いていない点が挙げられます。急ぎでお金が必要な時に上手に利用するようにしましょう!

計画的にお金を借りるようにすれば消費者金融のカードローンも銀行が提供しているので安心安全に利用できます。

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。消費者金融と銀行のメリットデメリットを紹介しました。それぞれのカードローンにメリットとデメリットが存在します。お金を借りるタイミングや期間、用途によって使い分けるようにしてくださいね。カードローンは使用用途が限定されない無担保で利用できる少額融資です。様々なシーンで発生するお金の困ったをカードローンで解決しましょう!