小説家が失業寸前ですぐにお金を借りる方法はあるの?

シェアする

小説家が失業寸前ですぐにお金を借りる方法はあるの?

小説家としての収入で生計を立てている人はどれくらいいるでしょうか。小説家になりたくて毎日毎日作品を作り続けているという人でも、ネットが普及している現在では、自分のHPやブログなどでネット小説として一般の人に見てもらえる手段はありますが、必ずしも収入に結びつくものではないですよね。一方で自分の作品が文学賞などに選ばれて、かつては有名作家として世の中に広く知れ渡っていた人でも全く売れなくなるということも多いようです。出版社から見放されそうな状況で失業寸前の時、収入がほとんどなくお金に困りますよね。「明日急にお金を用意する必要がある」「生活費がない」など今すぐお金が必要という場合に、お金を借りる手段として「カードローンを利用する」方法があります。カードローンであればすぐにお金を借りることができ、少額からの融資が可能です。

無職同然の場合は審査に通る可能性は低い

カードローン利用は毎月安定した収入がある人を対象にしています。そのため、職種・雇用形態などは問われません。小説家はもちろん、ジムのインストラクターグラビアアイドル、ミュージシャンなどでも安定した収入があればお金を借りられます。ただし、「先月は多く収入があったけど今月は収入がほとんどない」など毎月の収入が不安定である場合は審査に通る可能性は低いです。収入が安定していなければ、返済の滞納の可能性が高くなるため、お金を貸す側も安心して貸せないのです。

カードローン審査は消費者金融と銀行で比較すると、銀行の方が難易度が高いです。一般的に金利が低く設定されていればされているほど、審査難易度が高いと言われています。ここでは審査に通るコツとおすすめのカードローンも紹介しています。

即日融資を受けたい場合はアルバイト

先程もお伝えしましたが、カードローンでお金を借りるには”安定した収入”が必要です。小説家の仕事一本で生計を立てられないような無職同然の状況なら、安定した収入源を確保する必要があります。そのために、アルバイトをすることをおすすめします。コンビニやスーパーのレジ、ファミレス、ガソリンスタンドなど自分自身が続けられそうなアルバイトを選びましょう。カードローンの審査では勤続年数も審査に考慮され、半年以下だと審査に落とされる可能性があります。融資を受けるためには最低でも半年以上、理想は1年以上続けるように心がけましょう。

即日融資が可能なおすすめカードローン2選

即日融資が可能なおすすめカードローン2選

プロミス

プロミスは、最短30分で審査結果がわかり、平日14時までに契約完了すればその日のうちにお金を借りることができます。すぐにお金が必要という場合でも午前中までに申し込みを行っていれば即日融資は可能となっています。また、借入方法を口座への振り込みにすると、ネットから簡単な手続きで振り込みの申し込みができます。

プロミスの口座振替返済でよくあるQ&Aをまとめて一覧で紹介しています。

アコム

アコムもプロミス同様、最短30分で審査結果の知らせが来て、平日14時までに契約完了すれば即日融資可能です。借入方法を口座による振り込みにすれば、最短1分で指定した金融機関口座にお金が振り込まれます。土日祝日問わず24時間いつでもどこでも振込み申し込みができるのでとても便利です。

アコムの審査に落ちる原因についてご紹介します。気になる方は今すぐチェックしましょう。

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがでしたでしょうか。小説家としての仕事がなく失業寸前状態で、安定した収入がない場合はアルバイトを初めて見ることをおすすめします。アルバイトなんてしたくない!と思う人もいるかもしれませんが、アルバイトをすることで社会のことがより分かって今後の執筆に役に立つかもしれませんよ♪ぜひ参考にしてみてくださいね。