農家が生活費に困ってお金を借りるなら消費者金融のカードローン

シェアする

農家が生活費に困ってお金を借りるなら消費者金融のカードローン

野菜や果物、米を育てて収穫、出荷を行う農家の仕事。生きていくために必要な食を提供してくれる私達にとって欠かせない存在の職業です。農作物は「天候」によって大きく左右され、台風や水不足、冷害などで普段より収穫量が激減するなんてことはよくある話です。収穫した農作物の販売代金の収入で成り立っている農家は農作物が不作になると収入もほとんどなくなります。収入がなくて生活に困ったとき頼れるのが、「カードローン」です。消費者金融のカードローンなら最短で即日融資ができるので大至急借りたいという方でも対応できます。

カードローンは安定した収入が重要

カードローンは安定した収入が重要

個人事業主向けのカードローンは提出書類が多いから大変

農家の方々は自営業や個人事業主であるため毎月一定の給料があるわけではなく、農作物の収穫量によって収入が左右されます。極端な話、収穫量がゼロになると収入もゼロになるのです。カードローンの審査には安定した収入がなければ通らないため個人事業主の農家では審査に通りにくいのが事実です。
そんな個人事業主のためにプロミスでは「自営者カードローン」、アコムでは「ビジネスサポートカードローン」というサービスを提供しています。これらのサービスは不安定な収入になりがちな個人事業主向けに事業用途としてもお金を貸してくれます。しかし、本人確認書類だけでなく、収入を証明するのに確定申告書や青色申告書など用意する書類が増え、手続き方法も少しめんどくさいくなっています。

面倒なこと抜きで大至急お金を借りたいならカードローンがおすすめです。おすすめのカードローンを紹介しています。

カードローンを利用するなら安定した収入を確保しよう

生活費がなくて今すぐ借りたいという人はカードローンを利用するのが良いです。収入が不安定になりやすい農家の方でも安定した収入があることを証明すればカードローンの審査に通る可能性はあります。そのためには不作の時期に借り入れるのではなく安定的に収入がある時期に申し込むようにしましょう。または、天候に左右されず毎月一定の収入が得られるような農作物を育てていれば、他の農作物が不作であったとしてもカードローンの審査に通る可能性が高くなります。

店頭に行かなくても自宅で手続き可能な「プロミス」

大手消費者金融のカードローン「プロミス」を利用すると、店頭窓口にわざわざ行かなくても自宅で申し込みから借入申込までネット上で完結させる対応も可能です。プロミスのお店が遠くてなかなか行けないという場合でも簡単手軽にカードローンを利用することができるのです。また、プロミスで借り入れる場合口座振込みにすればパソコンやスマホ、電話から振込申し込みをすれば近くのコンビニATMから引き出せます。とても楽に利用できるのです。

プロミス公式サイトを見る

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがでしたでしょうか。個人事業主である農家がお金を借りるなら消費者金融のカードローンがおすすめです。個人事業主向けのカードローンを利用することもでき、生活費として簡単な方法でお金を借りたいのなら、カードローンがおすすめ。今月の不作により一時的なお金を借りたいときはぜひ利用してみましょう♪カードローンは使用用途が限定されない無担保で利用できる少額融資です。様々なシーンで発生するお金の困ったをカードローンで解決しましょう!

プロミスで審査に通るのに必要な情報を一覧で紹介しています。