カードローンを比較するなら金利の低さを軸に選ぶとベスト!

シェアする

カードローンを比較するなら金利の低さを軸に選ぶとベスト!

使用用途が限定されずにお金を借りた人の都合に合わせて自由に使えて無担保でお金を借り入れることができる種類のローンといえば銀行や銀行系グループの消費者金融などが提供するカードローンが該当します。挙げればキリがありませんが、みずほ銀行・三菱UFJ銀行バンクイック・モビット・プロミス・アイフル・新生銀行カードローン レイク・オリックス銀行・イオン銀行・楽天銀行など多くの有名な会社がカードローンサービスを提供しています。ここでは、カードローンを比較する時に押さえるべき金利(実質年率)について紹介します。

カードローンの金利は3%〜18%程度

多くのカードローンの金利は3%〜18%程度です。じぶん銀行などはau割などで期間限定キャンペーンで1%台の金利でカードローンを提供したりするケースもあります。金利は各カードローンサービスからの貸付額とお金を借りる人の信用状況などで変わってきます。(各社の基準が異なるため一概に言えません。)初めてカードローンを利用する場合は50万以下の借入になるケースが多いです。そのため、初めてカードローンを利用する時の金利は各社のもっとも高い最高金利になると考えておくと良いです。※過度に低い金利を期待するとショックが大きいですよね。
最高金利が低いのは低金利で借りるなら楽天銀行スーパーローンがおすすめの記事でご紹介した楽天銀行スーパーローンです。最高金利が14.5%と他の銀行系カードローンに比べ遥かに低いです。

金利(実質年率)の計算方法

金利(実質年率)の計算方法
カードローンサービスの公式サイトに表記されている金利は年利で表記することがルールとなっています。そのため、金利が3%〜18%と表記されている場合は、最低金利が3%、最高金利が18%となります。お金を借りるときは返済プランを踏まえないと金利だけをずっと返済し続けて元本が減らないということも起きます。

18%の金利(実質年率)でお金を借りた場合の計算

例えば30万円を18%の金利で借りた場合、下記の計算となります。
300,000円 × 0.18(金利18%) ÷ 365(日)×30(日)= 4,438円となり、4,438円が1ヶ月あたりの金利です。
1ヶ月あたりの返済額を4,438円に設定してしまうと1年後の元本は全く減っていないということになります。金利だけ返済するような返済プランは立てずに元本が減っていくようにしましょう。(元本が減ればそれに連動して金利で支払う額も減っていきます。)

記事始めの目次に戻る

カードローン比較は金利がもっとも重要

急がない、余裕がある状態で各社のカードローンサービスを比較するなら金利がもっとも重要と言えます。一般的に銀行が提供するカードローンサービスの金利が低いと言えます。しかし、消費者金融も銀行系列のグループが運営しておりますので場合によっては、銀行が提供する銀行カードローンより消費者金融が提供する銀行系カードローンの方が金利が安いというケースが起きることもあります。金利以外にも銀行系カードローンがおすすめです。その理由に関しては意外と知らない!銀行系カードローンを選ぶべき6の理由の記事をご覧ください。
また、急ぎで今すぐ10万円を借りたい、今日中にお金が振り込まれないといけないという場合は、顧客視点No.1カードローンならプロミスで決まりという記事で紹介しているプロミスなどのカードローンサービスがおすすめと言えます。

まとめ

いかがだったでしょうか。カードローンを比較するなら金利の低さを軸に選ぶとベストですが、急いでいる時などはアコムやプロミスなどの消費者金融系のカードローンもおすすめと言えます。数多くあるカードローンの中から自分に合ったカードローンを見つけることが大切です。あなたにとって一番ベストなカードローンを当サイトで見つけてみましょう。クレジットカードやキャッシングとカードローンについて理解していないという方は、あわせてクレカとカードローンの即日キャッシングの違いとは決定版!キャッシングとカードローンの違いまとめの記事も読んでみてくださいね。
カードローンは使用用途が限定されない無担保で利用できる少額融資です。様々なシーンで発生するお金の困ったをカードローンで解決しましょう!