カードローンの在籍確認を書類で代用する方法ってあるの?

シェアする

カードローンの在籍確認を書類で代用する方法ってあるの?

初めてカードローンを利用して借り入れをしようと思っているカードローン初心者は、不安でお金を借り入れるのが怖いと感じる方も少なくありません。借り入れの流れであったり、借り方なども気にあると思います。特に気になるのがカードローン審査で発生する在籍確認ではないでしょうか。ここでは、そんな悩みを解決するカードローンの在籍確認を書類で代用する方法を紹介します。

カードローンの在籍確認を書類で代用する方法はない

カードローンの在籍確認を書類で代用する方法はない
カードローン審査で発生する在籍確認は基本的に必ず電話で行われます。郵送物なし!カードレスでも借りられるカードローン2選という記事で紹介していますが、電話連絡がないカードローンはモビットです。カードローン審査で提出する書類は、免許証などの本人確認書類と借り入れ額が多い時に必要となる収入証明書です。これ以外に提出する書類は基本的にありません。どうしても在籍確認ができない時に書類で代用するケースはゼロではありませんが、基本的にありません。知名度がある大手企業だったら社員証をスマホで撮影してオンラインアップロードで在籍確認の代用ができることもあります。

カードローンの在籍確認を書類で代用する方法はないと思っておくと、余計な期待をせずに済みます!
ATM手数料が無料で借り入れられるカードローンについて3つご紹介しています。カードローン選びの参考にしてくださいね。

カードローンは怖くない!

カードローンは怖くない!
まだまだ日本は銀行や消費者金融で「お金を借りるのが悪いこと」という文化で、個人向けの小額融資を行う金融機関にマイナスなイメージを持っている方も少なくありません。しかし、カードローンを利用することで自分の身に危険が迫ったり、怖い思いをすることもありません。大手メガバンク・大手消費者金融はすべて銀行傘下で運営しているので安心安全に利用することができますよ。お金を借りるか迷っているなら今すぐ当サイトおすすめのカードローンをチェックしてください!

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。カードローンの在籍確認を書類で代用する方法があるのかを紹介しました。繰り返しになりますが、在籍確認を書類で代用する方法はないと考えておくほうが良いです。原則、電話での在籍確認が発生します。ただし、あという記事でも紹介していますが、職場に電話があってもカードローンの担当者と名乗ることはありません。職場の同僚や後輩にカードローン利用がバレることはありません。初めての借り入れで不安で怖いと思いますが、恐れることはありません。まずは当サイトで紹介しているカードローンで気に入った会社のものを選んで利用してみてください。あなたの悩みのお金の困ったを解決する手助けになりますよ♪