アイフルはアルバイトやパートだと審査に通りにくい?

シェアする

女性

カードローンは会社員や公務員など定職についていないと、融資を受けられないと思われがちですが、そうではありません。アイフルなどの消費者金融はアルバイトやパートでも審査に通り、カードローンを利用することができます。担保や保証人が不要で複雑な手続きは全く無く、収入の金額にかかわらず融資を受けることができます。ここではアルバイトやパートでもアイフルの審査に通る方法について紹介します。

アルバイトやパートはアイフル審査に不利?

アルバイトやパートの方が、アイフルに申し込む時に気になることと言えば、「定職に就いていないから審査に通らないのではないか」ということではないでしょうか。アイフルは、満20歳以上70歳未満の安定した収入と返済能力がある人でアイフルの審査基準を満たす人が申込条件となっています。アルバイトやパート、自営業者、派遣社員、出向社員、嘱託社員でも申し込むことができるので、雇用形態が原因でアイフルの審査に落ちることはありません。
ただし、専業主婦や年金受給者、無職の方など申込者自身でお金を稼いでいない方は申し込んでも審査に通ることはできません。アルバイトやパートなど安定した収入を自身が得られるようになってから申し込む必要があります。
では、アルバイトやパートが審査に通るためにはどうすればいいのでしょうか。何を注意する必要があるのでしょうか。

アルバイトやパートが審査に通るためには?

安定した収入がある

まず、申込条件にもあったように安定した収入を得る必要があります。申込者自身がアルバイトもしくはパートで毎月一定の収入があればアイフルの審査に通ります。アイフルなどの大手消費者金は年収の金額は審査の可否に影響されることはほぼありません。(銀行系のカードローンは年収金額の指定があるものもあります。)もちろん、年収が高ければ高いほど融資額は高くなり審査に通りやすい事実はありますが、アルバイトやパートで年収が低いからといって審査に落ちることはないです。それよりも、低額(毎月の収入が10万円以上あると良い)でも安定した収入を確保できていることがアイフルの審査に重要といえます。

勤続年数が半年以上

勤続年数もアイフルの審査に通るためには重要な点です。アルバイトやパートを2年以上同じ職場で勤めている場合は、今後も安定的に収入があると判断され審査に通りやすくなります。逆に、職場をコロコロ変えていて勤続年数が短い場合は収入が安定していないと判断されて審査に落ちる可能性があります。勤続年数はアイフルの審査で重要な要素となっているので、アイフルの審査に通るなら最低でも半年以上、できれば1年以上同じ職場で働くようにしましょう。

在籍確認の電話に出る

アルバイトやパートの場合でも職場に在籍確認の電話がかかってきます。必ず電話に出るようにしましょう。在籍確認はアイフルの審査にとって重要な判断基準となるので、電話に出られる時間帯をアイフルの担当オペレーターと相談してみましょう。

アイフルの在籍確認は、担当者の個人名で電話をかけるなど周りにバレないように配慮して電話をかけてくれるので安心して対応することができます。
消費者金融・銀行にかかわらずどのカードローンでも、お金を借りるためには必ず審査に通る必要があります。その審査の中に必ずあるのが在籍確認です。最短30分のスピード審査・最短即日融資も可能なアイフルも在籍確認はあります。職場の人や家族にバレるの...

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はアルバイトやパートでもアイフルの審査に通る方法について紹介しました。アイフルの審査はアルバイトやパートなどの雇用形態が影響することはなく、むしろ「安定した収入があるか」や「勤続年数」や「在籍確認の電話をかならず出る」などが重要になります。心配事が解決できたら、早速アイフルの審査に申込みましょう。WEB申込なら今すぐできて、手続き簡単。今すぐ公式サイトから無料申込!

アイフル公式サイトを見る

TVCMでおなじみのカードローン「アイフル」について特徴とおすすめのポイントを4つ具体的に説明します。