アイフルで返済を延滞した場合のリスクと対策方法

シェアする

頭を抱える男性

アイフルは最短30分で審査結果が分かり、時間帯によっては即日融資も可能なカードローンです。借入方法や返済方法は様々で、利用者の好きな方法でお金を借りたり返済したりすることができます。カードローンで借りたお金の返済期日は決まっており、毎月決められた金額を返済しなければなりません。しかし、うっかり忘れや返済日にお金がない場合など返済を延滞する利用者も少なくありません。もしあなたが、アイフルで返済を延滞してしまった場合どんなリスクがあるのでしょうか、そして返済を延滞しないためにはどうすればいいでしょうか。ここではアイフルで返済を延滞した時のリスクと返済遅延を防ぐ方法を紹介します。

アイフルで返済を延滞した時のリスク

アイフルでお金の返済を延滞した場合以下のリスクが考えられます。

  • 延滞金が発生する。
  • 信用情報に延滞履歴が記録される。
  • 増額申請が難しくなる。

アイフルでは延滞した場合、遅延損害金として賠償額の元本に対して20%の金利を支払うことになります。例えば20万円の融資を受けた場合、1ヶ月延滞すると遅延損害金として3,287円余分に支払わなければなりません。借入金額が高ければ高いほど遅延損害金は高くなります。通常、最高でも18%の金利が20%になるため返済額が増額し延滞期間が長くなるに連れて自分の首を絞める事になります。
また、返済遅延した情報は信用情報機関で記録されるため、利用者の信用情報に傷がつきます。新しくカードローンに申し込む時やクレジットカードを作る時には、返済遅延した事故情報を審査で露わになるため次回カードローンやクレジットカードを作る際に審査に悪影響を及ぼす可能性があります。延滞は今後の生活のためにも良くない行動です。
新たに増額を申し込む場合でも、増額審査に通らない可能性が高くなります。当たり前のことですが、滞納者に融資額を増やす事はできませんよね。常習犯ならなおさら増額は不可能です。アイフルで返済と延滞すると、返済額が高くなり今後カードローンやクレカを作る時に不利になりやすく増額も見込めないというリスクを負うことになります。

返済遅延すると、テレビドラマであるようなヤミ金業者の取り立てで毎日怒鳴られてビクビク怯えながら生活しなければならないというイメージをもつ方もいますが、アイフルの場合全く怖い取立てはありません。督促のために自宅や勤務先に来ることはなく、メールや郵便・電話で督促の連絡が来ます。

アイフルの返済遅延を防ぐ方法

ガッツポーズの女性
アイフルの返済遅延を防ぐ方法は、返済遅延をする要因の種類によって異なります。うっかり忘れが多い人は、口座振替で自動引落になる返済方法を選択しましょう。自動引落にすれば、うっかり忘れていても自動で返済してくれるので安心してお金を借りることができます。返済遅延の心配も少なくなります。また、返済日にお金がなくて返済できない人は返済日を給料日翌日に指定して必ずお金がある状態で返済するようにしましょう。給料日前に返済日を指定してしまうと、お金がない状況の陥りやすいため出来る限りお金に余裕のある状態で返済ができるようにすることが大切です。残りの金額での1ヶ月の計画を立てやすくなり、無駄な出費を減らすことにも繋がります。

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はアイフルで返済を延滞した場合のリスクと返済遅延を防ぐ方法について紹介しました。一度返済と延滞してしまったら、その時は仕方ありません。延滞が分かった時点で返済をきっちり済ませ、今後滞納しないために対策することが大切です。ぜひ参考にしてくださいね。