アルバイトやパートでも消費者金融でお金を借りることができるの?

シェアする

アルバイトやパートでも消費者金融でお金を借りることができるの?

毎月の給料で普段の生活は何不自由なく暮らせているという人でも思わぬ出費でお金が必要になるときがありますよね。例えば、急に冷蔵庫が動かなくなった、病気にかかって入院することになった、飲み会が立て続けにあった、欲しかったハイブランドのバッグを買ったなどイレギュラーな出費は様々です。そんなイレギュラーな出費を工面するだけの貯金があればいいですが、支払うお金がないという時は消費者金融でお金を借りることができます。正社員として働く会社員や公務員は融資を受けられるイメージがありますが、アルバイトやパートでも融資を受けることができるのでしょうか?

消費者金融のカードローンの審査基準を理解しましょう!今すぐ基準をチェックしてお金を借りるようにしましょう。

安定した収入があれば借り入れ可能

安定した収入があれば借り入れ可能
プロミスやアコムなどの代表的な消費者金融では、20歳以上で毎月の給料が安定している人であれば審査に通ることができます(ただし審査の結果、融資を受けられない場合もあります)。そのため、アルバイトの学生やパートの主婦でも十分審査に通る可能性があります。また、借りたお金はどの用途でも自由に使うことができるのでとても便利です。

主婦でも安定した収入があればカードローンの審査に通ることは可能です。今すぐ内容をチェック!

今の勤務先に2ヶ月しか勤めていない場合には?

先ほどもお伝えしましたが、審査に通る条件は毎月安定して収入があることが前提にあります。「安定した収入」だと判断されるにはおおよそ半年以上働くことが必要で、1年以上がベストとされています。そのため今の職場に2か月間しか勤めていない場合は審査に通りづらくなるリスクがあります。消費者金融で借りる場合は勤務年数が半年以上目安に申し込むようにしましょう。しかし、例外として勤務年数が2ヶ月であっても新社会人として正社員で働き始めたという方であれば、審査に通る可能性があるので一度利用する消費者金融に聞くと良いでしょう。

記事始めの目次に戻る

他の消費者金融や銀行からお金借りている場合には?

他の消費者金融や銀行からお金借りている場合には?
他社借り入れが多くても新たにお金を借りることはできるの?の記事でもご紹介した通り、他の消費者金融や銀行のカードローンを利用している場合、借入金額や借り入れ件数によっては審査に通らない可能性があります。例えば年収300万円の人がすでにA社から50万円の融資を受けている場合、新たにB社から融資を受けようとすると最大で50万円までしか借りることができません。消費者金融は貸金業法によって総量規制の対象となっており、借入総額は年収の1/3以下と定められているからです。そのため借入金額が多いと年収の1/3以上になってしまう可能性が高くなるため審査に通らないのです。また、借り入れ件数が3件以上の場合も審査に通りにくいです。借り入れ件数が多いと、お金にルーズな印象を受け返済に関して返済日に確実にお金を返せるか疑問を持たれます。2社以下の場合だと、審査に通る可能性は上がりますのでできるだけまとめて借りることをおススメします。

それぞれのカードローンの返済日は当然バラバラですので、利用者にとっても返済に困ってしまいますよね。そんなときはおまとめローンを利用することをおすすめします。
ローンをまとめて返済するのにおまとめローンはおすすめできます。その理由を今すぐチェック!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はアルバイトやパートでも消費者金融でお金を借りられるのかについてご紹介しました。消費者金融のカードローンではアルバイトやパートでも安定した収入があればお金を借りることができます。お金を借りる前にまず自分自身の身の回りを見直してから借りるようにすると、審査に通る可能性が高くなります。カードローンを利用する前に確認しておきましょう♪