消費者金融と銀行の審査基準って違いがあるの?

シェアする

消費者金融と銀行の審査基準って違いがあるの?

消費者金融と銀行の審査基準は基本的に異なります。意外と知らない!銀行系カードローンを選ぶべき6の理由という記事で紹介していますが、原則、消費者金融と銀行では個人向けに融資をする時の法律が異なります。また、それぞれの銀行や消費者金融で厳密な審査基準は異なってきます。ここでは、消費者金融と銀行の審査基準の違いについて紹介します。

消費者金融は「貸金業法」、銀行は「銀行法」に基いて融資を行います。※参照:日本貸金業協会

それぞれの金融機関は審査基準を公開していない

それぞれの金融機関は審査基準を公開していない
それぞれの金融機関は審査基準を公開してません。しかし、基本的な審査基準はお金を貸す側の立場になればすぐに分かります。それは、「ちゃんと返済する能力があるか」という点に尽きます。返済する能力は、個人の収入、賃貸の支払状況、家族の有無、勤務している会社、健康保険の種類、借金の有無などが主な判断基準となってきますよね。

要するにこれらの基準をチェックしてお金の貸し付けが可能かチェックしています。

何よりも重要なのは定職と継続的な収入

何よりも重要なのは定職と継続的な収入
何よりも重要なのは定職と継続的な収入です。どの消費者金融や銀行もこの点をもっとも重視します。そのため、芸能人や個人事業主など収入に変動が発生しやすい仕事についている人はカードローンの審査に通りづらいと言われています。ゆえに審査基準の違いを気にするよりは、定職と継続的な収入を確保していることが重要と言えます。サラリーマンで他社借入がなければ、ほぼ問題なくお金を借りることができますよ!

プロミスやアコムなどの消費者金融は、ノンバンクカードローンと言われた時期もありますが、2016年は大手メガバンクのグループ会社として融資業務を行なっているため、実質銀行から融資を受けていることと同義と言えます。

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。消費者金融と銀行の審査基準の違いについて紹介しました。審査基準の違いと共に理解すべきことは、消費者金融は数ヶ月スパンでの少額融資に優れている、銀行は数ヶ月から1年以上の借り入れに優れていると言えます。それぞれの金融機関の特徴やメリットデメリットを理解して利用しましょう!

もっともやさしく消費者金融と銀行のメリットデメリットを紹介しています。今すぐチェック!