カードローン無担保・保証人不要のメリットとデメリット知ってる?

シェアする

カードローン無担保・保証人不要のメリットとデメリット知ってる?

銀行や消費者金融が提供するカードローンは、20歳以上で安定した収入があればネイリストや小学校教員でもお金を借りることができます。カードローンの大きな特徴として銀行の事業融資などと異なり、無担保・保証人不要でお金を借りることができます。さらに50万円以下の借り入れだったら年収を証明する証明書も不要となります。なぜ、カードローンは無担保・保証人不要・収入証明書不要でお金を借りることができるのでしょうか。

無担保・保証人不要でお金を借りることができる理由

無担保・保証人不要でお金を借りることができる理由
カードローンは、通常融資と異なり個人向けで使用用途が限定されない少額融資を目的としたローン商品です。なぜ、無担保・保証人不要でお金を借りることができるのでしょうか。それは保証会社が保証人の役割を担っている点にあります。

カードローンの保証会社は各社によって異なります。どの保証会社も希望する金額を返済するのに十分な年収、返済が滞ることがない点を確認します。もしお金を借りた人が長期的な返済に滞るようなことがあったら、保証会社がカードローン会社にお金を代わりに返済する仕組みとなっています。よってお金を借りた人が返済できない場合は、保証会社から返済するよう連絡が入ることになります。(このケースに当てはまらないカードローンもたくさんあります。消費者金融のアコムが他銀行の保証会社をしているケースもあります。)

無担保・保証人不要のメリット

無担保・保証人不要のメリット
無担保・保証人不要でお金を借りることができるメリットは「スムーズな借り入れができる点」と言えます。これによりスマホと免許証だけで借り入れができたり即日キャッシングがいつでも手軽に実現することができていると言えます。このカードローンの仕組みによりわずかな利息でお金を借りることができますね。カードローンを利用することにより、もしもの時の出費も補ったりすることができるので家族・友人・知人に頼らずともお金を工面することができます。
無担保・保証人不要のデメリットはないと言えます。ただし、お金を借りやすい環境ができているのでお金を借りる前に一呼吸おいて借りようとしている金額は本当に必要なのかをもう一度考える必要があるでしょう。

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。カードローン無担保・保証人不要のメリットとデメリットを紹介しました。銀行と個人の間に保証会社が入ることにより、手軽にお金を借りる環境ができています。色々なカードローンを比較してチェックしてみてください。