カードローン審査で金利を低くしたり交渉できるの?

シェアする

カードローン審査で金利を低くしたり交渉できるの?

カードローンを利用すると必ず利息という名のレンタル料金が必要となります。利息は借り入れ額に対しての金利で金額が決まります。たくさんお金を借りれば利息が多くかかりますが、金利は低くなるためおトクにお金を借りることができます。逆に少額のお金を借りれば利息は少なくなりますが、金利は相対的に高くなります。だったらカードローン審査のタイミングで金利を低くしたりする交渉ができないの? と思いますよね。ここでは、借り入れ金利を低くする交渉が可能なのかご紹介します。

金利の決まり方

基本的に金利は借り入れ額や過去の取引履歴で決まる
基本的に金利は消費者金融や銀行の貸付可能額によって決まります。補足情報として過去の取引履歴なども考慮されます。例えば、過去にたくさんお金を借りていて一度も返済遅延を起こしていない人だと、消費者金融側からすると優良顧客と言えますよね。優良顧客には多少金利を低くしてお金を貸す可能性がゼロではありません。また、過去の取引履歴がなくても長年に渡り返済遅延を起こさずにお金を借りている人が、新たにお金を借りる場合は金利を安くして貸し付けてくれるようなこともありえます。

※運転免許証だけでお金を借りられるカードローンはこちら

運転免許証だけでお金を借りられるカードローンを紹介しています。給料日前に手軽にお金を借りたい人におすすめ、チェックしてみてくださいね!

信用がない状態で金利の交渉は難しい

信用がない状態で金利の交渉は難しい
今まで一度もお金を借りたことがない場合は、各社の借り入れ金額の基準に基づいて金利が決まると言えます。まだお金を借りていない状態で金利を低減させる交渉をすることは難しいと言えます。というのも、信用情報が全く作られていないからです。過去にカードローンでお金を借りたことがあり遅延なく返済したという経験があれば、カードローン審査のときに信用できる情報として扱われます。ただし、初めて利用する場合は信用情報が構築されていないのです。初めての借り入れで金利の交渉をするよりは、何事もなく審査に通過することに力を入れた方が良いと言えるでしょう。

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。カードローン審査で金利を低くしたり交渉することはできますが、基本的に各社の基準に基づいて金利が決まるため交渉の余地はあまりないと言えます。もし金利を交渉することに時間を使うならあまりおすすめできません。ただし、言うのはタダなのでどうしても金利を低くする交渉をしたい場合はトライしてみましょう!