カードローン審査に通らない人の3つの特徴とは

シェアする

カードローン審査に通らない人の3つの特徴とは

カードローンの申し込みには必ず審査があります。なぜならクレジットカード同様、個人の信用がベースとなる無担保の融資だからです。お金を貸す側の銀行や消費者金融としては、無担保で信用をベースとしてお金を貸すわけですから審査も慎重にしっかりとやりますよね。ネット上の口コミサイトや情報サイトなどでは「審査が甘いカードローンはありますか?」といったような質問がよく見られます。この考えは捨てたほうが良いです。なぜなら、お金を貸す銀行側も商売です。数万円〜数十万円とはいえお金が返ってこないと会社の事業に損害を与えることにつながります。そのため、甘い審査というのは存在しません。各社で審査の基準が異なるだけです。ここを念頭に置いておきましょう!ここでは、カードローン審査に通らない人の特徴を紹介します。

1.複数のカードローンサービスでお金を借りている

複数のカードローンサービスでお金を借りていると新たなカードローンの審査に通りづらいと言えます。特に借入額が100万円を超えているような状態だと、お金を返すためにお金を借りるという状態ができあがっている可能性が極めて高いと想定されてしまいます。また、短期間で複数のカードローンでお金を借りているのも審査に通りづらくなります。それぞれのサービスから少額融資しかできない信用状態なのに複数の会社からお金を借りるということは、それだけ切羽詰っていると言えます。

2.クレカやカードローンを返済せずに踏み倒している

クレジットカードやカードローンを返済せずに踏み倒している
クレジットカードやカードローンを返済せずに踏み倒している場合、個人の信用は失墜しているとみて間違いありません。厳密に言うとクレジットカードの信用情報は連動していないケースがありますが、同じです。借りたお金を返さないような人が信用を得て審査に通るのは難しいと言えます。

記事始めの目次に戻る

3.高額融資を希望している

高額融資を希望している
自身の信用情報や経済状態を考慮せずに高額融資を希望している場合は、審査に通りづらくなります。各社の基準によって異なりますが、基本的に銀行系のカードローンは50万円を超える金額を借り入れる場合は収入証明書が必要となってきます。
高額融資を希望するということは、融資を行う会社も慎重に審査せざるを得ません。大抵の場合、希望金額が高過ぎると融資可能な金額まで減額されます。もし減額された金額に納得がいかない場合、審査に通らなくなります。

まとめ

いかがだったでしょうか。カードローン審査に通らない人の3つの特徴を紹介しました。ここで紹介した情報を参考にしてください。カードローンの審査は社会経験が1年以上あり、定期的な収入が見込めれば大抵の場合審査を通過することができます。みずほ銀行カードローンなど銀行が発行するカードローンの審査は通らないケースもありますが、アコムやプロミスなどの銀行系のカードローンは審査に通過する可能性高いです。カードローンは無担保で利用できる少額融資です。様々なシーンで発生するお金の困ったをカードローンで解決しましょう!