両親の老人ホーム入居一時金をカードローンで支払う方法

シェアする

両親の老人ホーム入居一時金をカードローンで支払う方法

自身が子どもの時から愛情を持って育ててくれて、大学卒業して就職して自分にも子どもができて……自分のことのように喜んでくれる存在は両親だけではないでしょうか。そんな両親も歳を重ねると様々なサポートが必要になってきます。そんなタイミングで重要になってくるのが、両親の介護や同居です。近くに住んでいれば同居などの選択肢も出てくると思いますが、遠く離れた場所に住む両親だと有料老人ホームなどの選択肢も現実的になってきます。ここでは、両親の老人ホームの入居一時金をカードローンで支払う方法を紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

老人ホームの入居一時金は独特の制度

老人ホームの入居一時金は独特の制度
老人ホームの入居一時金は、老人ホーム独特のシステムです。全ての施設に同じことが言えるワケではありませんが、一般的に入居一時金は「終身利用を前提としたお金」です。老人ホームは人生の最期を迎える施設なので、入居時に施設に一時金を支払います。こちらは寄付金などの類ではなく、あくまで必要経費として施設に支払います。高額な入居一時金を支払う施設は、毎月の利用料が限りなく安く設定されています。逆に入居一時金が不要な老人ホームは月々の利用料が高額に設定されているエースが多いです。

入居一時金は、施設により価格が異なりますが、40%程度の施設が100万円以下に設定されています。300万円をゆうに超える施設も数多くあるため、カードローンで入居一時金を支払うのは、100万円以下の入居一時金のケースだけに留めておくことをおすすめします。

100万円以下の入居一時金だったら日本三大地銀の静岡銀行カードローン「セレカ」の利用をおすすめします。指定期間の無利息期間があり、利息がキャッシュバックされる仕組みも導入されている上に低金利でお金を借りることができます。静岡銀行カードローンをもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!

静岡銀行カードローン「セレカ」の賢い使い方とメリットを紹介しています。今すぐチェック!

まとめ

いかがだったでしょうか。有料老人ホームの入居一時金をカードローンで賄うのは現実的な手段と言えます。色々な事情があり貯蓄がない状態で有料老人ホームに入ってもらうケースもあると思います。そんな時は銀行カードローンで個人向けの小額融資を受けてみてはいかがでしょうか。カードローンなら保証人不要・無担保でお金を借りることができます。いざという時のお金の困ったを解決してくれる強い味方です。有料老人ホームの入居一時金をカードローンで支払ってみてください。