主婦がカードローンを利用する時に気をつけたいこと

シェアする

専業主婦がカードローンを利用する時に気をつけたいこと

主婦でもカードローンを利用しなければいけない時が出てきます。例えば、どうしても旦那に秘密で今すぐに買いたいものがある。今すぐにお金が必要。などの例が挙げられます。またはママ友とのランチ会やディナー会、箱根旅行などのお金がかさんでしまい旦那に切り出しづらくなってしまいカードローンを利用したいと思った。
上記のようなシーンで主婦がカードローンを利用する時に気をつけることを紹介します。

主婦はカードローンを利用できる?

主婦は継続的で安定した収入を証明することができないと、総量規制の対象となるアコムやプロミス、モビットなどのカードローンは審査に通過することはできません。(主婦でもFXや自宅で稼げる副業で収入を証明できる場合はお金を借りることができます。)当然、パートやアルバイトで一定の収入を見込める主婦(主夫)はカードローンに申し込むことができます。
もし、アコムやプロミス、モビットなどの銀行が母体となっている消費者金融のカードローンで短期アルバイトやたまに仕事をする主婦が申し込むとなると、旦那さんを保証人にするなどの対応が必要になってくるため、結果的に旦那さんがカードローンを利用することと同一と言えます。

主婦で継続的な収入がないとカードローンを利用できないの?

主婦で収入がないとカードローンを利用できないの?
総量規制があるカードローンでも旦那さんを保証人にするなどの対応があればお金を借りることができると説明しましたが、これは結果的に旦那さんがカードローンに申し込んでいるのと大差がありません。短期アルバイトなどで継続した収入がない主婦でも誰にもバレずにお金を借りるのは難易度が高いです。

※じぶん銀行カードローンもおすすめ!

じぶん銀行カードローンの特徴とおすすめポイントを紹介しています。じぶん銀行のカードローン利用を検討している方は今すぐチェック!

記事始めの目次に戻る

銀行カードローンの人が旦那に連絡したりしないよね?

銀行カードローンの人が旦那に連絡したりしないよね?
カードローンの審査の時に旦那さんに連絡することはありません。ただし、カードローンの申し込みをする時に旦那さんを保証人にしなければいけない銀行もあります。もし、旦那さんに100%バレたくないと思っている場合は安全策を取って本人で完結するカードローンを申し込むことをおすすめします。(旦那さんを保証人にした場合、職場に在籍確認の電話が入るので旦那にバレるリスクが高くなります。)
また、カードを郵送してもらうと旦那さんが受け取ってしまうケースがあります。オリックス銀行のカードはローンカードというのが分からないようになっていますが、それでも感づきやすい旦那さんだと疑われます。銀行のカード発行機でローンカードを発行するのがベストです。

まとめ

いかがだったでしょうか。主婦がカードローンを利用する時に気をつけたいことを紹介しました。銀行カードローンと銀行系カードローンの用途を踏まえて利用するようにしましょう。安定した継続的な収入が見込める場合、主婦でもアコムやプロミスなどのカードローンを利用することができます。