楽天銀行スーパーローンの審査に必要な情報や書類は?

シェアする

楽天銀行スーパーローンの審査に必要な情報や書類は?

楽天銀行スーパーローンは銀行法による融資を行なっているため総量規制の対象外で消費者金融のカードローンのように借入金額が年収1/3以下という制限はありません。また、金利も低いために少額融資を希望している方でも利用しやすいカードローンです。そんな楽天銀行スーパーローンの審査に通るためには楽天銀行スーパーローンで審査に通るために大切なことは3つの記事でご紹介した通り、安定した収入や勤続年数が長いなどの条件があります。ここでは、楽天銀行スーパーローンの審査に必要な情報や書類についてご紹介します。

カードローン審査は消費者金融と銀行で比較すると、銀行の方が難易度が高いです。一般的に金利が低く設定されていればされているほど、審査難易度が高いと言われています。ここでは審査に通るコツとおすすめのカードローンも紹介しています。

楽天銀行スーパーローンの審査に必要な情報とは?

>楽天銀行スーパーローンの審査に必要な情報とは?
楽天銀行スーパーローンでは申し込み時に、氏名・生年月日・住所・電話番号などの基本情報、居住形態・居住年数・家族構成などの家庭情報、勤務先の会社名・勤務先の住所・勤務先の電話番号・勤続年数・雇用形態など勤務先情報、他社カードローンの借入総額・他社契約先などの情報などが必要です。申し込み時にすべての項目を入力する必要があるので、予めこれらの情報を用意しておくとスムーズに申し込みができますよ。これらの情報は融資の可否を判断するのに重要な情報なので、間違いやウソの情報を入力しては絶対にいけません。
即日融資を受けたい方はこの記事がおすすめ:

スマホと免許証が手元にあって借入希望額が50万円以下だったら即日キャッシングができます。今すぐチェック!

楽天銀行スーパーローンの審査に必要な書類は?

楽天銀行スーパーローンの審査に必要な書類は?<

本人確認書類

必要な書類は本人確認書類として運転免許証の1つだけでOKです。運転免許証がない場合は健康保険証もしくはパスポートでも大丈夫です。ただし個人事業主や法人代表者の方の場合、本人確認書類だけでなく収入証明書も必要です。

収入証明書

楽天銀行では収入証明書の運転免許証などの本人確認書類に加えて収入証明書が必要になるケースがあります。収入証明書の提出を求められるケースはそこまで多くありません。もし、楽天銀行側から収入証明書の提出を求められたら会社員の場合、収入証明書として源泉徴収票・課税証明書・給与明細書のいずれかの写しが必要で、自営業者もしくは個人事業主の場合は、課税証明書・確定申告書のいずれかの写しが必要です。

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は楽天銀行スーパーローンの審査に必要な情報や書類についてご紹介しました。消費者金融のカードローンであれば、50万円以上借り入れると収入証明書が必要になりますが、楽天銀行スーパーローンでは本人確認書類のみで審査を受けることができるケースもあります。高額融資でも面倒な書類が少なくて済むので利用者にとっては非常にありがたいですよね。簡単にネットから申し込みができる楽天銀行スーパーローンが気になった方は今すぐチェックして見てくださいね♪

楽天銀行公式サイトを見る