カードローン「プロミス」で審査に落ちる3つの理由とは

シェアする

笑顔の女性

最短30分で審査結果が分かり、平日14時までに契約完了すれば即日融資も可能な銀行系カードローンの「プロミス」。審査が早くスピーディーな借入に定評があります。しかし誰もが審査に通るという訳ではなく、独自の審査基準で融資可能かどうかを判断されるので基準を満たしていなければ審査には通りません。ではどのような人が審査に落ちるのか気になりますよね。そこで今回は、プロミスで審査落ちする3つの理由をご紹介します。

プロミスで審査落ちする3つの理由

プロミスで審査落ちする3つの理由を順に紹介していきます。カードローン審査に一度落ちてしまうと他社の消費者金融での審査も難しくなります。審査に落ちないように事前に対策しておきましょう。

安定した収入がない

プロミスの融資には、顧客視点No.1カードローンならプロミスで決まりの記事にも書いてありますが、20歳から69歳の安定した収入と返済能力を持つ人であることが必須条件となります。収入が安定していれば主婦、学生、パート、アルバイト、非正規雇用、派遣社員など職種形態は問われません。つまり日雇いや短期アルバイトなど断続的な収入しかない人は他の条件がクリアしていても、審査に通ることが難しくなる可能性があります。

複数他社からの借り入れ金額が多い

複数社のカードローンを利用していて、その借り入れ合計金額が多い場合も、審査に落ちる原因となります。複数社からお金を借りている人は無計画にお金を借りている場合が多いとみなされ、借り入れ額が高いと融資しても返済期日までにお金が返ってくるのか疑問を持たれる可能性があります。

クレジットカードの返済が滞っている

クレジットカードの決済が滞っている場合でも審査に落ちる原因となります。クレジットカードの返済ができていないのに、カードローンで融資をしても返済できないと思われるのは仕方ありませんよね。

過去に債務整理や消費者金融の返済延滞をしてしまったことがあると、信用情報機関に事故情報が登録されている可能性があります。消費者金融や銀行は審査のタイミングで信用情報機関の個人情報を確認した上で、融資の可否を検討します。返済延滞などに見に覚えがある方は審査に落ちる要因のひとつになる可能性があります。ただし、必ず審査落ちするワケではないので申し込むことをおすすめします。

審査に通るために重要なこと

審査が通るようになるには
これら3つの審査に落ちる理由を踏まえると、審査に通るようにするには、安定かつ継続した収入を確保し複数他社からの借入を一本化したり、クレジットカードを返済するなどお金の管理をしっかりすることが大切です。いずれにせよ、プロミスに申し込んで審査を受けてみないと融資の可否は分かりません。公式サイトから無料申込しましょう。

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はプロミスで審査に落ちる3つの理由についてご紹介しました。少額から融資を受けられ生活費などに活用できるカードローン「プロミス」を利用するためには、当たり前ですがしっかり返済できるということを証明することが必要です。お金に困ったときに、上手にカードローンを活用できるように普段からのお金の管理をしっかりし、エンジョイライフを実現しましょう! まずはプロミスの公式サイトに移動してチェック!

プロミス公式サイトを見る