オリックス銀行カードローンの返済方法でよくあるQ&A

シェアする

オリックス銀行カードローンの返済方法でよくあるQ&A

オリックス銀行カードローンの返済方法は、口座引落、振込返済、ATM返済の3パターンから選べます。自動引き落としにすると返済日を毎回気にしなくて済むのでとても楽ちん。返済日を忘れてしまう可能性がある方は自動引き落としがおすすめです。しかし、手間がかかったとしても自ら返済したいという方は振込返済がおすすめです。そんな3パターンあるオリックス銀行カードローンの返済方法ですが、その返済についてよくされる質問を3つご紹介します。

子供の教育費としてオリックス銀行カードローンでお金を借りられるについてご紹介します。

自動引き落としできない金融口座はどこ?

オリックス銀行カードローンで自動引き落としする場合、利用できない金融口座があります。それはゆうちょ銀行、商工中金、農林中央金庫、オリックス銀行、セブン銀行、楽天銀行、イオン銀行等のネット系銀行、シティバンク銀行等の外資系銀行です。その他の銀行口座、例えば三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行などは利用することができます。

オリックス銀行カードローンの審査で結果連絡が来ない場合の対処法を紹介しています。

一気に全額返済したいんだけど?

月々の決まった返済ではなく、一度に全額返済したい場合は随時返済が可能です。この場合の返済に関しても、決められた返済(約定返済)の指定日に自動引き落としもしくはATMへの振込で返済します。自動引き落としを利用するときは増額返済の申し込みをお客さま専用サイト「メンバーズナビ」から申し込みすることで、一括または増額して返済できます。返済は早ければ早いほど利息が少なくて済むので、返せるときにお金を返すように心がけるといいですよ。

記事始めの目次に戻る

残高スライドリボルビング方式って何?

残高スライドリボルビング方式とは、毎月の返済額が残高に合わせてスライドしていくという仕組みです。30万円以下の借り入れの場合、返済額は月々7,000円。30万円~50万円は月々10,000円、50万円~100万円は月々20,000円と、借入残高によって返済金額が変動していきます。この方式は返済が低額なので毎月の返済計画が立てやすいというメリットがあります。しかし、返済額が低額なので残高が減りにくく返済期間が長くなり、その分利息を多く支払わなければならないというデメリットもあります。

まとめ

いかがだったでしょうか。オリックス銀行カードローンの返済方法でよくあるQ&Aを紹介しました。ここで紹介した情報を参考にしてみてください。もっとオリックス銀行カードローンの金利や特徴を知りたい方は少額借り入れ可能なオリックス銀行カードローンの特徴という記事をチェック。