キャバ嬢が確実にプロミスの審査に通る簡単な方法

シェアする

乾杯

キャバ嬢でもプロミスの審査に通り、お金を借りることはできるのでしょうか?キャバ嬢といえば、通常の会社員と違って完全実力主義で男性から多く指名され、高価なお酒をたくさん注文してもらえればお給料も上限なく増え続けますが、逆に指名されなければ給料は減るという変動の大きい職業です。毎月の収入が安定していないため、カードローン審査に通らないと諦めている方も多いです。しかし、そんなことはありません。大手の消費者金融が提供するカードローンはキャバ嬢などの水商売の人でもお金を借りることは可能です。大手消費者金融の中でも、キャバ嬢が契約するならプロミスがおすすめです。そこで今回は、キャバ嬢がプロミスの審査に通るためにすべき簡単な方法を紹介します。

キャバ嬢でもプロミスの審査に通ることができる

プロミスは最短30分で審査結果が分かり、最短即日融資も可能なカードローンです。プロミスの審査通過するために必要な条件は、「満20歳以上69歳以下の安定した収入と返済能力がある人」で、年収額やアルバイト・パート・正社員などの雇用形態はあまり重要視されていません。利用者自身に収入のない専業主婦や無職などの場合はもちろん審査に落ちますが、利用者自身に収入があれば審査に通る可能性は十分あります。特にプロミスは銀行カードローンと比較すると審査通過率が高いと言われています。毎月の収入が安定しないキャバ嬢など水商売の職業であっても、毎月いくらかの収入があれば審査通過する可能性は高いです。
では、プロミスの審査に確実に通過するためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

キャバ嬢が確実にプロミスの審査に通る方法

毎月の収入を安定させる

プロミスカードに限らず共通して言えることですが、しっかりとした収入を維持できるように気が向いた時だけ店に出勤するのではなく、仕事量もこなすようにして収入ベースを維持することが重要です。極端ですが収入が0になる月があるならば、アルバイトやパートで別の仕事と掛け持ちするのも一つの手です。逆に毎月の収入の変動が大きかったとしても、年収額が高ければ審査通過率は高くなります。カードローン会社は審査で「お金を融資しても問題ないか」申込者の信用性をチェックしているため、年収がそれなりにあれば返済能力があると判断され審査に通ることができます

芸能人や自営業者と同じようにキャバクラ嬢は自分のカラダが資本です。しっかり仕事量をコントロールして自分の生活水準を維持するために必要なお金を得る仕組みを作りましょう!

限度額は50万円以内

プロミスカードの限度額は50万円以内を希望するようにしましょう。なぜなら、50万円以上の借入は運転免許証などの本人確認書類以外に収入証明書の提出が必要となってきます。つまり50万円以上の高額融資の場合、審査が通常よりも厳しくなるのです。逆に、50万円以内の借入は、確実にプロミスの審査に通りやすくなります。また、50万円以上の借入になると審査時間も長くなりますので早く契約してお金を借りたい人にとっては良くありません。
確実にお金を借りたいならカードローンの申込時に希望する限度額を50万円に設定するようにしましょう!

在籍確認電話に出る

プロミスの審査は、在籍確認として勤務先に必ず電話がかかってきます。在籍確認ができなければ審査に通過することは難しくなりますので、必ず在籍確認の電話に出るようにしましょう。
在籍確認で一番気掛かりなのが、「職場の人にプロミスでお金を借りることがバレてしまう」ことだと思います。その点プロミスは安心して利用することができます。プロミスの場合、在籍確認の電話をする前に事前に連絡が来て、日にち指定や時間指定をすることができます。申込者の都合の良い時間帯に連絡してくれるので、その時間に電話に出られるようにすればバレる心配はありません。また、万が一同僚や先輩が出てしまった場合でも、カードローン会社としてではなくオペレーターの個人名で電話がかかってくるのでバレる可能性は低いです。

何らかの理由で在籍確認の電話にでることができない場合は、事前に連絡しておけば相談に乗ってくれます。プロミスの審査通過後、プロミスに電話してみるといいでしょう。

プロミス公式サイトを見る

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。キャバ嬢が確実にプロミスの審査に通るための方法を紹介しました。プロミスカードの審査でもっとも重要なことは、安定した収入がある点です。プロミスカードを利用する人の半数以上は急ぎでお金を借りたいケースです。即日審査・最短即日融資を実現させるには収入証明書の提出がネックになってきます。借り入れ額も少額希望することをおすすめします。