子どもの学費で一時的にプロミスでお金を借りるってどうなの?

シェアする

子供の学費で一時的にプロミスでお金を借りるってどうなの?

子どもの学費を支払うのは結構大変ですよね。毎月の学費に加え、入学金、教科書費、修学旅行費など様々なシーンでお金が必要になってきます。子どもを幼稚園から大学まで行かせるために必要なお金は「1,000万円」と言われています。子どもが2,3人の家庭や私立へ入学した場合、さらに負担が大きくなります。一時的に支払いにピンチになった時、みなさんはどうしていますか?実は一時的にお金借りるならプロミスのカードローンがおすすめです。そこで今回は子どもの学費で一時的にプロミスでお金を借りることについてご紹介します。プロミスの特徴や金利をもっと詳しく知りたい方は顧客視点No.1カードローンならプロミスで決まりという記事をチェック!

子どもの学費で利用可能なローンとは

子どもの学費を賄うために利用できるローンは3つあります。

1.奨学金や国の教育ローン

奨学金は日本で最も利用者の多く「独立行政法人日本学生支援機構」が運営している学費として貸与あるいは給付する制度です。優れた成績を残している学生や経済的に通学が困難になっている学生を対象に学費の一部としてまかなえるように貸与または給付をしています。低金利で無利子が可能な点も特長ですが、審査に時間が掛かり審査が厳しいというデメリットもあります。国の教育ローンは「日本政策金融公庫」が運営しているローンで、こちらもかなり金利が低いです。世帯年収に上限が設けられており、高所得者の場合借りにくいです。

2.銀行の教育ローン

銀行や信用金庫などが提供している教育資金として利用可能なローンが教育ローンです。低金利で借りることができ、学費だけでなく予備校や塾の費用としても利用できます。

3.カードローン

カードローン

カードローン


カードローンは銀行や消費者金融が運営するサービスで、少額融資を無担保で借りられるところが特長です。また、カードローンのよっては即日審査、即日融資が可能でお金を借りたい時にすぐ借りられる点もメリットです。ただし、上記の奨学金や国の教育ローン、銀行の教育ローンよりも金利が高い点がデメリットです。

突発的に必要になった学費はプロミスで借りられる

毎月の学費や長期的に借りたいという時は、教育ローンを利用することがおすすめです。しかし、突発的にすぐに学費が必要というような場合はカードローンを利用することをおすすめします。特におすすめのプロミスでは、最短30分で審査可能で、平日14時までに契約が完了すれば即日融資も可能です。また、プロミスはメルアドとWeb明細の登録をするだけで初めて利用する方なら30日間無利子で借りられます。返済のめどがついている場合、プロミスのカードローンは利息も高くなく便利です。

記事始めの目次に戻る

プロミスは主婦でも借りられる

プロミスなら20歳以上69歳以下でパートなど定期的な安定した収入があり、返済能力がある方なら主婦でも借りることができます。また、Web完結でも可能な申込み方法があったり、在籍確認で自宅に掛かってきてもばれないように考慮してるので、家族にバレずに借りたいという場合でも、プロミスなら安心です。ただし、収入のない専業主婦は融資を受けることはできません。※参照:主婦や専業主婦でもプロミスの審査に通るの?

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は子どもの学費で一時的にプロミスでお金を借りることについてご紹介しました。どのローンに関してもメリット・デメリットがあるので、利用する場面や使用用途によって使い分けするとよいでしょう。一時的な借り入れの場合は、プロミスがおすすめです。
※30日間無利息サービスはメールアドレスの登録とWeb明細利用が必須となっています。