警察官がカードローンでお金を借りる時注意すべき3つのこと

シェアする

警察官がカードローンでお金を借りる時注意すべき3つのこと

私達の生活の安全を守り、社会の治安や秩序を守ることが仕事の警察官。警察官は公務員なので収入が安定しており、給与は年功序列制であるため年齢とともに上がっていきます。不祥事を起こさないかぎり、いきなり解雇になることもまずありません。退職金もしっかりもらえます。そんな警察官でも、お金が足りなくて困ったという状況に陥るときはありますよね。例えば社会人一年目や若手の警察官で給与が比較的低いときに、家族の急な入院や結婚式ラッシュなどでお金に困ることも多々あるでしょう。そのようなときに利用できるのが「カードローン」です。

警察官でもカードローンでキャッシングできる

無担保・保証人不要で個人向けに少額融資をおこなうカードローンは職種にかかわらず、お金を貸してくれます。またどのカードローンの審査でも、20歳以上で毎月安定した収入を得ている人が必須条件となっており、この条件を満たしている警察官は審査に通ることができます。特に警察官は公務員なので安定した収入は確保されており、収入源の信頼性は非常に高いです。そのためカードローンの審査には比較的通りやすく、借入可能額も普通のサラリーマンより高くなりやすいというメリットがあります。

公務員がお金を借りるなら銀行と消費者金融のどっちが良いのでしょうか。答えはケースバイケースです。一緒に勉強しましょう!

カードローン審査を受けるときに注意すべき3つのこと

カードローン審査を受けるときに注意すべき3つのこと

職場でバレないようにする

警察官は勤務先にバレないようにする必要がありますよね。消費者金融が運営する銀行系カードローンを利用すると、職場の人だけでなく家族にもバレずにお金を借りることができます。例えばプロミスを利用する場合は、審査の過程で勤務先に在籍確認のため電話がかかってきますが、プロミスでお金を借りる時って身内にバレない?の記事でご紹介したとおり、利用者側の”周囲にバレたくない”という思いを十分考慮して電話をかけてくれます。また、申込方法もインターネットからでき、プロミスの窓口に行かずにWEBのみで融資を受けることができます。そのため勤務先にバレると危険な警察官でも消費者金融のカードローンなら安心して利用できます。

クレジットカードの返済に遅れないようにする

カードローンの審査では信用情報機関からクレジットカードやカードローンの利用履歴、返済履歴の情報を得て審査を行います。そのためクレジットカードの返済の遅延や滞納をしている場合はすぐにわかります。クレジットカードの返済が滞納している場合、審査に通らない可能性が高くなるので特に注意しましょう。

カードローン審査に通らない人の特徴を紹介しています。自分が当てはまらないかチェック!

すぐに借り入れたい場合は午前中までに申し込みをする

急な出費で今すぐお金が必要という場合でもカードローンなら対応可能です。特に銀行系カードローンを利用した場合は即日審査、即日融資も可能なので今すぐお金がほしいという人なら銀行系カードローンを利用と良いでしょう。即日融資を受けたいというときは、平日の午前中までに申し込みを済ませるとその日のうちに借り入れができる可能性が高いです。逆に申し込みが遅ければ当日中に借り入れできないので注意が必要です。

即日キャッシングするなら手持ちの銀行口座でカードローンを選ぶのがおすすめです。今すぐチェック。

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は警察官がカードローンを利用するときに注意すべきこと3つについてご紹介しました。公務員である警察官は安定した収入があり、雇用も安定しているので他の職業に比べて審査が通りやすく、借入可能額も高くなりやすいです。カードローンの中にはプロミスアコムのようにスピーディーなキャッシングサービスを多数提供しているところもあるので、安心して利用できます。自分の給料とのバランスをみて正しくカードローンを利用しましょう♪


警察官が利用できる厳選カードローン4選をチェック