アイフルの審査は信用情報が悪いと通らないの?

シェアする

たそがれ

アイフルの審査に通過するためには信用情報が重要な鍵を握っていると言われています。アイフルだけではなく、すべての消費者金融や金融機関のカードローンは契約前に申込者の信用情報をチェックします。信用情報はアイフルの審査にどのように影響するのでしょうか。ここではアイフルの審査と信用情報について紹介します。

信用情報とは?

信用情報は、個人信用情報機関に登録されている申込者の個人情報や各種ローンの取引履歴のことです。アイフルが利用する個人信用情報機関は、JICC(日本信用情報機構)とCIC(指定信用情報機関)とKSC(全国銀行個人信用情報センター)の3つです。これらの機関を使って申込者の信用情報を取り寄せ、「十分な返済能力があるのか」「延滞の可能性はないのか」「審査を通過させていいのか」「融資していいのか」など最終的な審査通過の判断をするためにチェックします。
信用情報の中には以下のような情報が登録されています。

  • 住所、生年月日、年齢、氏名、などの個人情報
  • 勤務先住所、会社名、勤続年数など雇用情報
  • 住宅ローン、奨学金などの各種ローンの契約内容、借入履歴、返済状況
  • クレジットカードやカードローンの申込履歴や利用履歴、返済履歴
  • 携帯電話料金の支払い
  • 自己破産や過払い請求など債務整理の取引履歴

以上のような個人的な情報を、アイフルはチェックして審判が行われます。

信用情報のアイフル審査への影響

アイフルは信用情報の良し悪しでかなり大きく審査に影響されます。信用情報は、その言葉通り第三者機関が登録した信用に値する情報はアイフルなどの消費者金融にとってかなり重要なもので、信用情報に傷があれば審査に落ちる可能性が高くなります。例えば、下記が該当します。

  • クレジットカードやカードローンの返済で滞納履歴があるもしくは現在滞納している
  • 携帯電話の支払いが遅れている
  • 過去に債務整理などを行ったことがある
  • 他社カードローンの借入残高が大きい
  • カードローンを複数社から借りている
  • カードローンもしくはクレジットカードに最近申込すぎている

これらの6つの項目の中から1つでも当てはまる人がいるならアイフルの審査に通過できない可能性があります。過去に滞納したことがあったり支払いが遅れた経験を持つ人は、返済能力がないと判断されやすいのです。また、すでに他社カードローンを利用している人は、アイフルでは総量規制により融資総額が年収の1/3と決まっているため、審査に落とさざるを得ないこともあります。
逆に、これら6つの項目が1つも当てはまらなかった人は、信用情報がアイフルの審査に影響することはありません。信用度が高いと判断され、審査に通る可能性が高いです。
信用情報に問題ないと自信がある人は今すぐアイフルに申し込んで、カードローンを手に入れましょう!

記事始めの目次に戻る

信用情報が悪い人がアイフルの審査に通るためには?

アイフルは担保や保証人不要でお金の融資をする消費者金融なので、個人信用情報機関から開示する信用情報は審査にかなり大きな影響を与えます。もし今の時点で、信用情報が悪い人は残念ながら他社カードローンに申し込んだとしても審査に通らない可能性が高いです。これら登録された信用情報は債務整理の取引履歴以外、大抵5年以内で消えるため信用情報が消えるまで待つ必要があります。債務整理を過去に行ったことがある人は10年はカードローンを利用することはできません。残念ながら時間が過ぎるのを待つ他ありません。
ただし、クレジットカードやカードローンの返済を滞納したことがある人でも、1ヶ月や2ヶ月の滞納なら個人信用情報機関には登録されません。通常なら61日以上もしくは3ヶ月以上滞納が続く場合に登録されます。携帯電話の支払いや家賃の支払いも同様で1、2ヶ月では信用情報は悪くならないので、アイフルに申し込んでも大丈夫です。また、滞納履歴が5年以上前のものであればその情報は消えているのでアイフルに申込でも審査に通る可能性があります。
アイフルは簡単で手間なく申し込めるWEB申込がおすすめです。最短30分で審査結果が分かり、最短即日融資も可能。お金に困っているなら今すぐ申込みましょう。

アイフル公式サイトを見る

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はアイフルの審査と信用情報について紹介しました。申込者の信用情報はアイフルの審査にとってかなり重要な情報です。信用情報の内容によって審査の可否が判断されると言っても過言ではありません。信用情報に問題がない人は審査に通る可能性があるので今すぐWEB申込をしましょう。信用情報が悪い人は、個人信用情報機関で開示請求してみるのもいいかもしれません。