楽天銀行スーパーローンならおまとめ・借り換えが可能

シェアする

楽天銀行スーパーローンならおまとめ・借り入れが可能

医療費や子供の教育費など様々な用途で使用できるカードローン。楽天銀行スーパーローンも、給料日前のお金がない数日を過ごすための生活費や、連日続く飲み会の食事代、引っ越しのための引越し費用など様々な使い方ができます。事業性用途以外であれば、どんな用途にでも活用することができるので、教育ローンや住宅ローン、リフォームローンなど決まった用途にしか利用できない、いわゆる「目的ローン」よりは随分利用しやすいですよね。そのため、使用用途自由のカードローンを複数他社からすでに借りていて、返済が大変だという人も多いのではないでしょうか?複数社から借りているお金を楽天銀行スーパーローンなら一括でまとめて借り換えることができます。そこで今回は楽天銀行スーパーローンのおまとめサービスおよび借り換えサービスをご紹介します。

おまとめローンのメリットとデメリットを紹介しています。今すぐチェック!

複数社からお金を借りている人が陥りやすい失敗

複数社からお金を借りている人が陥りやすい失敗
使用用途が自由で、他のローンサービスより借り入れが手軽にできるということもあり、複数社のカードローンを利用している人はかなり多くいます。そんな人達が複数社から借りてしまっているために陥っている失敗(悩み)は、

  • 返済期日がバラバラで把握できない
  • 複数社から少額ずつ借り入れているため、各カードローンの最大金利が適用されている
  • どのカードローンで何円借り入れたか把握できていない

このように、利用者本人ではなかなか把握できず、頭を抱えている人が多いようです。特に「返済日が把握できない」という悩みは、返済期日が各カードローンによって異なるのでついついうっかりして忘れていたり、お金を用意することができなかったりします。返済期日までに返済できなかったら、返済滞納者ということで信頼が損なわれるだけでなく、次回お金に困ったときにカードローンを頼ろうと思っても融資を受けられないという可能性も出てきます。そうならないためにも、カードローンを一本化する必要があるのです。カードローンを一本化するサービスを「おまとめローン」といい、楽天銀行スーパーローンはこのサービスを提供しています。また、複数社のカードローンをより良い条件の他社カードローンに借り換えることを「借り換えローン」といい、楽天銀行スーパーローンで借り換えが可能になっています。

借金を踏み倒すぐらいならカードローン一本化を検討することが大切です。なぜなら……

楽天銀行スーパーローンなら解決できる!

楽天銀行スーパーローンなら解決できる!
楽天銀行スーパーローンではおまとめ・借り換えサービスを行っているため、このサービスを利用すると、楽天銀行スーパーローンから借り入れたお金を複数社から借り入れた返済金にあてることができ、借入残高全額を一括返済することができます。これにより他社カードローンの返済を一括で済ますことができ、楽天銀行スーパーローンのみの利用ということになります。一本化することにより、

  • 返済期日が1日に定まるので把握しやすい
  • 金利が安くなる可能性がある
  • 借入総額が把握できる

このように、複数社から借り入れていたときの失敗は見事に解決されるのです。また、「金利が安くなる可能性がある」というのは例えば、3社から40万円ずつ借りていたのでどのカードローンでも最大金利18%で利息を支払っていたが、一本化したことで総額120万円になり金利が9.6%~14.5%(楽天銀行スーパーローンの場合)に下がり、返済総額がかなり安くなるという可能性があります。

楽天銀行スーパーローンでおまとめ・借り換えを利用した場合の審査は?

おまとめ・借り換えサービスを利用した場合でも、通常の借り入れの場合と同様のステップで審査が行われ、審査基準も同じです。ただし、おまとめローンの審査に通らない3つの理由とはの記事でご紹介している通り、返済の遅延などの経験が数回あると審査に通らない可能性もあるので、返済ができなくなる前にカードローンの一本化をすることが大切ですよ!

楽天銀行スーパーローンの審査に通るために何が重要なのでしょうか。その疑問にお答えします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は楽天銀行スーパーローンのおまとめ・借り換えローンサービスについてご紹介しました。楽天銀行スーパーローンでは最大金利が低いので複数社から少額融資を受けている場合は他社よりも低い金利で利用することができる可能性が高いです。上に述べたように複数社からお金を借りてしまって失敗してからでは遅いです。失敗する前に楽天銀行スーパーローンで一本化すればこれら悩みを解決することができます。思い立ったら今すぐチェックしましょう!!

楽天銀行公式サイトを見る